書籍レビュー

【3分でわかる】「今日からできる、年収を10倍にする習慣術」を読んだ感想【トイレ掃除を毎日していると気づく人になれる】

悩む人
悩む人

今日からできる、年収を10倍にする習慣術」ってどんな本なんだろう?読んだ人の感想をしりたいなぁ…。

こんな要望に答えます。

この記事を書く僕(TK)は、以下のような人間です。

  • 毎日欠かさず読書する、本の虫
  • 読みきった本の感想を、全て書き残している(詳細はこちら

今日からできる、年収を10倍にする習慣術」は、鴨頭嘉人さんの実体験及び他の成功者の習慣をまとめた1冊。

本書を読めば、トイレ掃除の重要さが理解できますよ。

今回は、その「今日からできる、年収を10倍にする習慣術」の感想を簡単にまとめました。

TK
TK

この記事を最後まで読んでいただければ、あなたの人生に、新たな習慣を植え付けることができます。

3分ほどでササッと読めますので、ぜひお気軽な気持でご覧ください。

今日からできる、年収を10倍にする習慣術を読んで勉強になった3つのこと

今日からできる、年収を10倍にする習慣術」を読んで勉強になったことは以下の3つですね。

  • メンターだったらどうするかを考える
  • トイレ掃除を毎日していると気づく人になれる
  • 熱量を持って発信しないと、観てる側はついてこない

それぞれ簡単に解説します。

メンターだったらどうするかを考える

メンターというのは、いわゆる「師匠」みたいな存在です。

誰しも、憧れの人っていると思うんです。

なにか壁にぶち当たったときは、「メンターだったらどうするか?」と考えると、理想の自分に近づけるということですね。

TK
TK

例えば僕は、ブロガーのマナブさんをメンターとしています。ブログを書くときは、マナブさんの思考をいつも借りているんですよ。

マナブさんをメンターにした理由は、ブログ論が素晴らしかったからです。

特に好きなのが、以下の動画ですね。

「誰でも簡単に稼げる」みたいな、うさんくさいことを言わないのが良いですね。

マナブさんの正直さを、見習って生きていきます。

トイレ掃除を毎日していると気づく人になれる

成功者はみな、毎日トイレを掃除している。

いかにもスピリチュアルっぽい発言で、うさんくさいですよね(笑)。

でも、このトイレ掃除には、やるべき理由があります。

TK
TK

その理由とは「気づく人」になれるからです。

悩む人
悩む人

気づく人ってなに?

要するに、細かい部分にも気を使える人間になれるということです。

毎日トイレを掃除していれば、ちょっとした汚れも見逃さなくなりますよね?

その意識が、仕事にも活かされるのです。

熱量を持って発信しないと、観てる側はついてこない

この熱量の話は、発信する人全員が理解しなくちゃいけません。

理由は、熱量が無い発信など、だれも見たくないからです。

例えば、本田翼のチャンネルが人気なのは、好きなことだけを発信しているからなんですよ。

どの動画も、本当に楽しそうなのが印象的ですよね。

まあ、単純に可愛いから見られている可能性も高いですが…(笑)。

これからブログやYouTubeに取り組む人は「好きなこと」を軸に発信してみてください。

TK
TK

ちなみに僕は本が好きなので、本の記事を書きまくっています。好きなことを軸にしているので、続けるのが苦じゃないメリットもありますね。

今日からできる、年収を10倍にする習慣術を読んだ感想

当たり前と言われるけど、誰もやっていないこと。

これを無意識レベルで行える人が、最強だと思えました。

トイレ掃除は実践します

トイレ掃除を「ありがとう」と言いながらするって、ちょっと怪しいですよね(笑)。

でも、実践すると、感謝の気持ちが溢れてとまらないらしいです。

これは簡単にできそうなので、即やってみます。

結局、好きなことを極める人が強い

副業を始めるときにやりがちなのが「好きじゃないけど稼げるジャンル」を選んでしまうこと。

はっきり言って、ナンセンスです。

「好き」という熱量が根底にないと、誰の心にも刺さらないことを、改めて感じましたね。

今日からできる、年収を10倍にする習慣術:まとめ

今回は、「今日からできる、年収を10倍にする習慣術」を読んだ感想をササッとまとめました。

習慣の魔法を知りたい人は、ぜひ。

created by Rinker
¥1,683
(2020/09/28 10:56:31時点 Amazon調べ-詳細)

では、以上です。

良き読書ライフを!

【2020年】20代後半男が読んだ本を全て紹介します【ビジネス書95冊+小説5冊】この記事では、僕が2020年に読んだ本をひたすらにまとめました。 本選びの参考にどうぞ。 【2020年】20代後半男が読...