読書の前に、絶対読んでほしい本です

書籍レビュー

【1分でわかる】生きづらいがラクになる ゆるメンタル練習帳の「あらすじ」と「メッセージ」

こんにちは、こんばんは、TKです。

今回の記事では、「生きづらいがラクになる ゆるメンタル練習帳」のあらすじとメッセージを1分でわかるように解説します。

本書の内容をササッと知りたい方は、ぜひ参考にして下さい。

あらすじ

本書は、この生きづらい世の中で、いい塩梅で周囲に溶け込む方法を教えてくれる内容となっております。

実は著者のバクさん、ご自身が相当に生きづらさを抱えている人なんですよ。

  • ADHDと呼ばれる発達障害を抱えている
  • ケアレスミスが多い
  • 気が散りやすい
  • 人の顔が覚えられない
  • Xジェンダーである。

このように多くの生きづらさを抱えているバクさん。生きづらさが原因で、うつになって求職した経験もあるそうです。

そんなバクさんから発せられるメッセージは全く表面的ではなく、「人々の生きづらさを解消したい」という熱い想いが乗っかっていました。

メッセージ

本書の核となるのは、「擬態しましょう」というメッセージです。ここで言う擬態とは、「生きづらさを受け止めつつ、うまい具合に生きること」を意味しています。

本書は、読み手の生きづらさを根本から解決するようなことは提案していません。なぜなら、そんなことはできないからです。

ただ、生きづらさとうまく付き合っていく努力はできますよね。カメレオンも本当の色は緑ですけど、生きるために擬態をして周りに溶け込む努力をしています。

そんな感じで、自分の本性をうまく社会に溶け込ませるような意識を持つことで、人は幸せに生きられるというのがバクさんの主張になります。

 

本書の内容をより深く知りたい方は、ぜひ下の動画を参考にして下さい。