本の要約動画はこちら

書籍レビュー

【純粋な愛に触れたい方へ】『博士の愛した数式』のあらすじと感想

先日、『博士の愛した数式』を読みました。

created by Rinker
¥484
(2024/04/20 01:25:20時点 Amazon調べ-詳細)

では、著者の情報から述べていきます。

著者

著者は、小川洋子さん。

1991年に『妊娠カレンダー』で芥川賞を受賞されたのですが、その頃は子育てで忙しかったようです。

created by Rinker
¥459
(2024/04/20 01:27:07時点 Amazon調べ-詳細)

子育てされながら芥川賞を取るとは・・・。

凄いですよね。

また、阪神タイガースの大ファンのようですが、それが作品にも表れています。

『博士の愛した数式』の中でも、めちゃくちゃ阪神タイガースの話が出てきますので(笑)。

あらすじ

物語は、家政婦の杏子が、訳アリの博士の元に派遣されるところから幕を開けます。

その博士はなんと、80分しか記憶が持ちません。

だから、80分経過するたびに、杏子は初対面の家政婦として扱われるわけです。

この博士は数学に没頭した人生を歩んできたことから、事あるごとに数字の話を杏子に振ります。

ずっと数字の話をされるのに、なぜか杏子は嫌な気を持ちません。なぜなら、博士の数学に対する純粋な愛が感じられるからです。

次第に杏子は、息子を博士の家に連れていき、3人で一緒に過ごすようになります。

数学・子ども・タイーガスの江夏。

様々な物事に最大級の愛を注ぐ博士の姿、ぜひご堪能ください。

感想

純粋な愛に触れたい方に、オススメの1冊です。

愛って、なんだか生き物に対して振りまくものと思っていましたが、そんなことないですね。

数学にも、愛は示せます。

そして、数学に愛を示す人って、見ているとなんだかこちらまで幸せな気分になります。

多分ですけど、見返りを求めていないのが明白だから、見ているこっちもほっこりするんだと思います。

あと、何気ない一言なんですけど、「君が料理を作っている姿が好きなんだ」と博士が杏子に言うシーンがあって、妙に印象に残っています。

素直で純粋な想いを表現するの、僕は苦手なので。