本の要約動画はこちら

書籍レビュー

【社会正義の暴走】『世界はなぜ地獄になるのか』を読んだ感想

先日、『世界はなぜ地獄になるのか』を読みました。

created by Rinker
¥1,078
(2024/04/19 10:51:14時点 Amazon調べ-詳細)

では、著者の情報から述べていきます。

著者

著者は、橘玲さん。

橘さんが書く本はいずれも、言いにくいけど本当のことを書いており読み応えがあります。

特に好きなのが『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』ですね。

これが、脱サラにおける一つの原動力になりました。

どんな本?

本書の言葉を借りると「社会正義の運動がキャンセルカルチャーという異形のものへと変貌していく現象を考察している本」です。

キャンセルカルチャーとは、まあ簡単に言えば、著名人の揚げ足を取って引きずり下ろす騒動のことですね。

直近の例で言うと、小山田圭吾さんのいじめ事件が挙げられます。幼少期にいじめをしていたという話で大炎上し、オリンピックにおける作曲活動を辞退する流れとなりました。

こんな感じで、正義を掲げて暴走する人間の様子を事細かに記述されています。

感想

キャンセルカルチャーにハマらないよう、気を引き締めたいと思えました。

正義を掲げて他者を糾弾するのって、めちゃくちゃ気持ち良い行為なんですよね。一昔前は発信力が無かったからそういった行為になかなか没頭できませんでしたが、今はSNSがありますからね。キャンセルカルチャーなんて、やろうと思えば一生やれちゃいます。

力を持ってしまったからこそ、傲慢にならず、自分を戒めていきたいです。

 

また、本書は結構生々しい内容になっていますので、そういうのが好きな人は絶対ハマると思います。

created by Rinker
¥1,078
(2024/04/19 10:51:14時点 Amazon調べ-詳細)