本の要約動画はこちら

書籍レビュー

【オシャレは人のため】『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』のあらすじと感想

先日、『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』を読みました。

created by Rinker
幻冬舎
¥638
(2023/09/26 11:18:30時点 Amazon調べ-詳細)

では、本書のあらすじから述べていきます。

あらすじ

この本は、短編集です。

様々な女性が主人公となるのですが、それぞれの女性にはある共通点があります。

それは、恋をしていることです。

パターンも様々です。

既に恋人同士の人もいれば、不倫相手の人もいます。

そして、全ての女性達は、自分を着飾るために一生懸命です。

店員と相談しながら、恋している相手のために最高の自分を創造していきます。

著者の説明

著者は、尾形真理子さん。

2001年に博報堂に入社し、コピーライター・制作ディレクターとしてご活躍されています。

あらゆる企業の広告を手掛けた後に、本作で小説家デビューされました。

感想

いろんなパターンのお話があるので、人によって好きなお話が違いそうだなと思いました。

僕はチヒロが主人公の話が好きですね。

チヒロはある男に恋をするんですけど、まあ、ほぼ叶わない恋なんですよね。

それでも、その男に対する印象を良くするために、一生懸命着飾るいじらしさが好きです。

そして、このチヒロの短編集の締めの言葉が、めっちゃ綺麗です。

この言葉、胸にしまっておきます。

created by Rinker
幻冬舎
¥638
(2023/09/26 11:18:30時点 Amazon調べ-詳細)