本の要約動画はこちら

書籍レビュー

【大事なのは心】「コーヒーが冷めないうちに」を読んだ感想

先日、「コーヒーが冷めないうちに」を読みました。

created by Rinker
¥1,158
(2024/04/20 03:35:38時点 Amazon調べ-詳細)

では、本書の感想を淡々と述べていきます。

著者の説明

著者は、川口俊和。

他の著作も調べてみたのですが、全てが同じシリーズものでしたね。

デビュー作の小説が超大ヒットして、その後シリーズ化するなんて、めちゃくちゃ凄いですね。

あらすじ

舞台は、フニクラフニクラというカフェ。

このカフェには1つ不思議な席があるんですね。

どんな席かと言うと、過去に戻ったり未来に行ったりできる席です。

その席に座って、店員がコーヒーを淹れると、過去や未来に行けます。

ただ、過去や未来に行ってられるのは「コーヒーが冷めないうち」だけであり、しかも、何か現実が変わるわけじゃありません。

過去や未来で何をしても、現実には絶対に影響が及ばないというルールになっています。

ただ、それでも過去や未来に行きたい。

そう願う4人の旅人の物語です。

感想

大ヒットするのもうなずける作品でした。めちゃくちゃ良いです。

過去や未来に行っても、現実はなんも変わらないんですよ。

だけど、行った人の心境に変化はあるわけで、そこが当作品のテーマとなっております。

表面的な物事ばかりじゃなくて、内面を大切にした過ごし方をしていきたいと思えました。

created by Rinker
¥1,158
(2024/04/20 03:35:38時点 Amazon調べ-詳細)