書籍レビュー

【3分でわかる】「20代を無難に生きるな」を読んだ感想・要約【いちいち許可を求めるな】

悩む人
悩む人

20代を無難に生きるな」ってどんな本なんだろう?読んだ人の感想をしりたいなぁ…。

こんな要望に答えます。

この記事を書く僕(TK)は、以下のような人間です。

  • 毎日欠かさず読書する、本の虫
  • 読みきった本の感想を、ブログに書き残している

20代を無難に生きるな」は、20代を後悔のないように過ごしてもらうために、著者の松永さんが自信の経験を元にして、やっておいたほうがいい事をまとめてくれた本です。

今回は、その「20代を無難に生きるな」の感想を簡単にまとめました。

TK
TK

この記事を最後まで読んでいただければ、とりあえず何かやろうというモチベーションがわいてきますよ。

3分ほどでササッと読めますので、ぜひお気軽な気持でご覧ください。

20代を無難に生きるな:読んで勉強になった5つのこと

20代を無難に生きるな」を読んで勉強になったことは以下の5つですね。

  • 結果が出ない人は、表現をしない人
  • 失敗はしていい
  • いちいち許可を求めるな
  • 歴史を知ると、人の本質を知れる
  • 過去の栄光は話すな

それぞれ簡単に解説します。

結果が出ない人は、表現をしない人

結果を出す人の共通点ってなんだと思いますか?

結論を言うと、表現をする人なんですよ。

これまで、たくさんの人に出会って生きてきたなかで思うことだが、世の中にいちばん多いのは「実力のない人」ではない。才能や技術を持っているにもかかわらず、そのことを「表現できない人」だ。

出典:20代を無難に生きるな

何をするにしても、時間をかけすぎたり、言い訳したりする人もいますよね。

でも、とにかく最初は、スピード重視で行動すればいいんですよ。

表現しないと、なにも始まらないですからね。

失敗はしていい

上で解説した、「結果が出ない人は、表現をしない人」という話ともつながる話をします。

20代のころは、どんどん失敗してOKです。

失敗なんか怖くない。いちばん怖いのは、失敗を恐れて一歩も進めなくなってしまい、後々になって後悔することだ。

出典:20代を無難に生きるな

もう、いまさら感がありますけど、この考えはめちゃくちゃ大事だと思っています。

TK
TK

失敗を恐れて行動しないと、マジで人生って停滞するんですよ。

これは20代に限らず、全ての人に覚えておいてほしい教訓ですね。

「失敗を恐れるな」

使い古された言葉ですが、充実した人生を過ごすため、さらなる結果を出すために、ぜひ覚えておいてください。

いちいち許可を求めるな

何をするにしても、許可を求める人いますよね。

おそらく、責任逃れをしたい気持ちが、心の中にあるんだと思います。

しかし、いちいち許可を求めているようじゃ、自分の意思で動くことができなくなっちゃいますよ。

仕事のひとつとして、セミナーや講演業をしているなかで、2つの種類の人間がいることに気づく。それは、「自分の意思で行動を起こす人」「許可をもらうことが癖になってしまっている人」の2つだ。

出典:20代を無難に生きるな

「これをやりたい」と思ったら、まずやれる人って、めちゃ強いと思うんですよね。

この教えは非常に大事だと考えていますので、僕もできるだけ、周りに許可なんて求めないようにしています。

TK
TK

例えばブログやYouTubeは勝手にはじめましたし、仕事も勝手にやめました。

親や上司の許可はいりません。

やりたいことを、素直にやれるようになると、自分らしく生きている実感が得られると思います。

歴史を知ると、人の本質を知れる

「社会人になっても勉強しなさい」と言われた経験、何回もありますよね。

じゃあ、具体的に何を勉強すればいいのか?

それは、「歴史」だと、松永さんは言います。

人の本質を知るために効果的な方法がある。それは歴史を学ぶことだ。(中略)とくに「20代のうちに絶対に見てほしい」と願う作品を個人的に挙げるとすれば、2018年に放映された「西郷どん」だ。

出典:20代を無難に生きるな

西郷どんは、西郷隆盛の人生を描いた超人気の大河ドラマです。

歴史で大成功を収めた人からは、成功するための共通点をたくさん学ぶことができるそうです。

TK
TK

僕は歴史を全く勉強してこなかったので、もったいないことをしてきたなと思います。

正直に言うと、西郷隆盛が何を成し遂げた人かも知りません。

西郷どんは、近いうちに必ず見たいと思います。

過去の栄光は話すな

ついつい僕たちは、過去の栄光を話したがります。

でも、過去の栄光を話しているということは、「今の自分に自信がない」とアピールしているようなものですので、求められない限りは控えたいですね。

過去の栄光を話すのは、いまの自分に自信がない人。

出典:20代を無難に生きるな

過去よりも、今、そして未来のことをたくさん話せるようになると、ステキな人に映ると思います。

20代を無難に生きるな:読んだ感想

毎日をなんとなく過ごしている20代に、読んでほしいと思いました。

とにかく行動さえしちゃえば、優秀だと思った

日本人って、他国にくらべて失敗を恐れる雰囲気があると思うんですよ。

そのせいで、本当は素晴らしい能力を持っているのに、それを発揮できていない人がたくさんいます。

20代の僕らがする失敗なんてほとんど大したことじゃないので、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの精神で、どんどん失敗をしていいと思いました。

歴史の勉強を始めようと思った

僕は学生時代、歴史の勉強をサボりにサボってきたので、歴史の知識がホントにないんですよ。

今では、人の本質を学べる歴史の勉強をしてこなかったことを、後悔しています。

これから、歴史関連の勉強をしていこうと思いました。

20代を無難に生きるな:まとめ

今回は、「20代を無難に生きるな」を読んだ感想をササッとまとめました。

なお、今回ご紹介したことは、本書のごく1部分です。

より深く学びたい人は、ぜひ本書を手にとってみてください。

目次

  • 第1章 20代はもっと尖がれ
  • 第2章 20代のうちに“いい人”は卒業しなさい
  • 第3章 必ず伸びる20代の学び方
  • 第4章 20代で身につけておきたい「人から可愛がられる力」
  • 最終章 20代を無難に生きるな

では、以上です。

良き読書ライフを!