本の要約動画はこちら

書籍レビュー

【お金のために書いたことはない】『書くことについて』を読んだ感想

先日、「書くことについて」を読みました。

created by Rinker
¥792
(2024/02/21 01:13:37時点 Amazon調べ-詳細)

では、本書の感想を淡々と述べていきます。

著者の説明

著者はスティーヴン・キングです。

知らない方も多いかもしれませんが、実は数多くの有名作品を生み出しています。

例えば、あの超名作「スタンド・バイ・ミー」は、スティーヴン・キングが生み出しています。

また、ドアの割れ目から顔を出す表紙が特徴的な「シャイニング」も、スティーヴン・キングが生み出しています。

また、僕の大好きな作品「ショーシャンクの空に」も生み出しています。

これだけの名作を生み出している方が、「書くことについて」語ってくれているわけですから、ワクワクした気持ちで本を購入しました。

あらすじ

本書はすごくザックリ言うと、

  1. 自叙伝
  2. 書くことについての考え方

という2部構成になっています。

しばらくはスティーヴン・キングの人生で起きた様々なイベントが記載されているのですが、波乱万丈で読み応えがあります。

後半は「書くことについて」語っているのですが、納得できる教えが多くて、勉強になりました。

感想

結論から言うと、読んで良かったなと思えましたね。

理由は、今後の文章作成に活かせる学びを習得できたからです。

「うんうん、そうだよな」と納得できる教えもあれば、「そういう考え方もあるのか!」という新発見もありました。

特に印象深かったのが、「お金のために書いたことはない」という言葉です。いくつもお金になる作品を生み出してきたのに、一度たりともお金のために書いたことはないと断言しています。

純粋に楽しいから書いているだけで、お金を稼げたのはただの結果に過ぎないらしいです。賛否両論ある考えかもしれませんが、僕はこの考えに賛同しています。いくらお金を稼げたとしても、楽しくないことって絶対に続きませんからね。

結果を求めすぎず、純粋に自分の心が満たされることを追求していこうと思えました。

created by Rinker
¥792
(2024/02/21 01:13:37時点 Amazon調べ-詳細)