書籍レビュー

【3分でわかる】「本気の副業術」を3つのポイントで要約しました【好奇心の鬼になれ】

悩む人
悩む人

こんな要望に答えます。

この記事を書く僕(TK)は、以下のような人間です。

  • 毎日欠かさず読書する、本の虫
  • 読みきった本の感想を、ブログに書き残している

本気の副業術」は、筋トレやコーチングで有名なユーチューバーAKIOさんが書いた本です。

AKIOさんは、モチベが上がるルーティン動画を出していることで有名な方ですね。

本書の内容は、自身の体験談を交えつつ、自分の強みや希少性を活かしながら副業で稼ぐコツをまとめた感じになります。

TK
TK

過去の体験が赤裸々に書いてあったので、楽しく読めましたね!

今回は、その「本気の副業術」を簡単にまとめました。

3分ほどでササッと読めますので、ぜひお気軽な気持でご覧ください。

 

YouTube.verはこちら↓

本気の副業術:3つのポイントで要約

本気の副業術」を以下3つのポイントに要約しました。

  • 好奇心の鬼になる
  • 行動力の鬼になる
  • ルーティンの鬼になる

それぞれ簡単に解説します。

好奇心の鬼になる

まず副業で結果を出そうと思ったら、「好奇心」が大事になります。

理由は、好奇心がないとフルコミットするのは難しいからです。

そんな好奇心をバク上げする方法は、以下の2つですね。

  • コンプレックスを刺激する
  • 自分の力で価値を生み出す

それぞれ解説します。

 

コンプレックスを刺激する

本書を読んでいて思ったのは、好奇心を持つために必要なのは「コンプレックスを刺激すること」だと感じましたね。

理由は、コンプレックスを刺激されると、「今の自分を何としても変えたい!」という気持ちが爆発するからです。

実際にAKIOさんは、「童貞ソー・ヤング」という曲を聞いて、青春時代を何となく過ごしてきたことに、激しい後悔を覚えたそうです。

この曲を聴いてAKIOさんは、「これから先の人生、悔いのないように行動しよう」と決心できたみたいですね。

コンプレックスは一見ネガティブな感情と思われがちですが、AKIOBLOGさんのように、行動のエネルギーに変換することもできるんです。

ちょっと辛い思いもするかもしれませんが、自分のコンプレックスとトコトン向き合ってみるのも、1つの手です。

 

僕もパソコン1つでお金を稼ごうと必死になっていますが、これも、社会不適合者のコンプレックスがエネルギーになっています。

悔しい気持ちをぜひ大事にして、今後の行動力のエネルギーにしてみてください。

 

自分の力で価値を生み出す

自分の力で価値を生み出すと、好奇心が湧いてきます。

理由は、「自分の頑張りが他人に影響を与えることが実感できると、身近な出来事全てに価値があるように思える」からです。

実際にAKIOさんは、自分の体験談を発信したブログを見た人から「僕も真似してやってみたら変わりました」というコメントをもらい、大きなやりがいを感じました。

 

このように、自分の経験や知識に価値があると気がつけると、身近なことにどんどん好奇心が湧いてきます。

実際に僕もブログが読まれるようになってからは、好奇心が間違いなく向上しました。

TK
TK

引きこもりの僕が、先日はキャンプに出かけたりもしましたよ。

なので副業を始めようと思ったら、バイトをするんじゃなくて、ブログやSNSなどで発信活動をしてみてください。

最初はなかなか誰も見てくれませんが、次第に、見てくれる人がでてきます。

見てくれる人が増えると少しづつお金を稼げますし、「自分の行動には価値がある!」と思えるようになるので、好奇心が刺激されるはずです。

行動力の鬼になる

副業を継続していくためには、行動力をつけることも大事ですよね。

実際にAKIOさんは、以下のような方法で行動力を高めているそうです。

  • 自分の希少性を見つける
  • 目標を誰かと共有する

それぞれ解説します。

 

自分の希少性を見つける

なぜ自分の希少性を見つけると、行動力が増すのか?

理由は、自分の生き方に責任感を持つことができるからです。

 

AKIOさんは会社員を辞めようとした社会人2年目のときに(現在はもう辞めています)、ブログに「もう会社員を辞める」ということを書いたんですよ。

そしたら、AKIOさんのファンの方に以下のようなメッセージをもらったそうです。

「世の中の多くの会社員は自分の好きなことができていない。一方でAKIOさんは会社員として働きながら好きなことをガンガンやっている。その姿にみんなは共感して勇気をもらっています。(中略)」

出典:本気の副業術

このメッセージをもらったAKIOさんは、「会社員×筋トレ×副業」が自分の希少性と認識することができ、より一層自分の生き方に責任感を持てるようになりました。

 

このように人は、「自分の希少性はこれだ!」ということが認識できると、それに向かって行動できるものなんですよ。

なので、ぜひ自分の希少性を意識してみてほしいと思います。

もし自分の希少性がわからなかったら、周りに聞いたり、AKIOさんおすすめの「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」を使って、自分の希少性を探してみてください。

created by Rinker
日本経済新聞出版社
¥1,980
(2020/11/26 18:24:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

目標を誰かと共有する

目標を誰かと共有すると、行動力が高まります。

理由は、お互いに状況を報告し合うという責任感が生まれるからです。

実際にAKIOさんは、親友の松田さんと週1で会って目標達成に向けた話し合いをしていました。

 

僕もブログ作業を黙々と1人で続けていますが、たまに友人とあって近況を報告したり、SNSで自分の様子を発信したりしています。

人は弱い生き物ですから、1人の力だけで頑張ることは難しいです。

ぜひ、友人やSNSの力を借りて、ゴールまで突き進むエネルギーを作ってほしいですね。

ルーティンの鬼になる

好奇心を持ち行動力を高めることができたら、何かしら頑張ろうと思えることが見つかります。

そしたら、その頑張ろうと思ったことを、毎日自然とこなす必要がありますよね。

なぜなら、人は次第に頑張れなくなるからです。

 

実際にAKIOさんは、以下の方法でルーティンの鬼になっています。

  • 毎日同じ服を着る
  • 自分が動ける環境をつくる

それぞれ解説します。

 

毎日同じ服を着る

やりたいことに時間を使うためには、当然、他に使う時間をできる限り削る必要があります。

本書ではいろんな時間術が書いてあるのですが、特に実践してほしいのが、同じ服を着るということです。

実際にAKIOさんは一時期、以下の服でずっと生活していたそうですよ。

  • ラコステのポロシャツ
  • ユニクロの真っ黒の靴下
  • ユニクロの真っ黒のパンツ
  • ユニクロのスラックス

こんな感じで着る服を決めつけると、服選びに使う時間とエネルギーが節約できて、本当に大事なことに集中できるようになるんですよ。

ちなみに僕も、着る服を固定して、ムダなエネルギーを使わないように意識しています。

 

自分が動ける環境をつくる

自宅で頑張ろうと思っても、誘惑が多すぎて、なかなか頑張れないですよね?

なので作業にコミットしたいときは、環境を変えることをおすすめします。

実際にAKIOさんは、自宅じゃ頑張れないので、毎朝最寄りのカフェに行って朝活をしているんですよ。

 

下の動画では、15秒からカフェに行く様子が確認できます。

僕も学生時代に受験勉強をするときは、図書館に引きこもっていました。

自宅で頑張れないという人は、お気に入りの作業場所を探してみてください。

集中できる場所が見つかると、そこに行くだけで、勝手にやる気スイッチが押されますよ。

本気の副業術:まとめ

今回は、「本気の副業術」の要約を3つのポイントで紹介しました。

なお、今回ご紹介したことは本書のごく1部分で、まだまだ伝えきれていない事がたくさんあります。

目次

  • 第1章 好奇心の鬼になる
  • 第2章 行動力の鬼になる
  • 第3章 ルーティーンの鬼になる
  • 第4章 影響力の鬼になる
  • 第5章 結果をたすためのネクストアクション
  • AKIOが答える七つの質問

自分の強み・希少性を活かしつつ、副業で3万円以上のお金を稼いでいきましょう!

では、以上です。

良き読書ライフを!