Amazon Black Friday Sale

2020年12月1日までの期間限定! 「Fire HD 8 Plus」が33%OFFで購入できます!

商品の感想・レビューはこちら

書籍レビュー

【3分でわかる】「GACKTの勝ち方」を読んだ感想・要約【美学がないと、人は感動しない】

悩む人
悩む人

GACKTの勝ち方」ってどんな本なんだろう?読んだ人の感想をしりたいなぁ…。

こんな要望に答えます。

この記事を書く僕(TK)は、以下のような人間です。

  • 毎日欠かさず読書する、本の虫
  • 読みきった本の感想を、ブログに書き残している

GACKTの勝ち方」は、自身の壮絶な経験を元に、ビジネスで勝ち続けるための本質を書き記した本です。

今回は、その「GACKTの勝ち方」の感想を簡単にまとめました。

TK
TK

この記事を最後まで読んでいただければ、GACKTの凄さを知ることができ、行動しようという熱量がわいてくるようになりますよ。

3分ほどでササッと読めますので、ぜひお気軽な気持でご覧ください。

GACKTの勝ち方:読んで勉強になった5つのこと

GACKTの勝ち方」を読んで勉強になったことは以下の5つですね。

  • スタートは早く切れ
  • 人生をマネタイズせよ
  • GACKTをやるのは超大変
  • 知・覚・動・考
  • 美学がないと、人は感動しない

それぞれ簡単に解説します。

スタートは早く切れ

これはどの自己啓発本にも書いてあることですが、超重要なことなので、改めて強調します。

スタートは、早く切ってください。

悶々とスタートを切らずにいる人間がせいぜい積み重ねるスキルは、勝負をしないための言い訳だけだ。

出典:GACKTの勝ち方

ちなみにGACKTさんは、音楽にお金が必要ってなったとき、駅前でいろんな人に「俺のスポンサーになってくれ」と声をかけまくったそうです。

TK
TK

普通、こんなことできないですよね?GACKTさんは、やっぱすごいです。

さすがにGACKTさんのマネはできませんが、もっと小さなスタートでもいいんで、やりたいことがあったら、すぐやったほうがいいです。

失敗しても、それが成功への糧になるし、損害だって大したことにはなりませんからね。

人生をマネタイズせよ

これは、僕の発想と完全にマッチしたので、嬉しくなりました。

GACKTさんは、人生そのものをマネタイズすることを、信念としているそうです。

ボクの稼ぐ本質は、【人生をマネタイズする】こと。

出典:GACKTの勝ち方

僕も、過去の経験や今の自分を発信して、お金を稼いでいます。

まさに、人生そのものをマネタイズする発想は一緒なので、嬉しくなりましたね。

TK
TK

もちろん、稼いでいる額は、全くGACKTさんに届きませんが…。

人生をマネタイズすると、無理なく稼げるというメリットがあるので、ぜひあなたにもやってみてほしいです。

例えば当ブログも、自分の人生を発信しているだけなので、無理なく楽しく稼ぐことができています。

GACKTをやるのは超大変

本書を読んでいると、「GACKTさんのようになりたい!」という気持ちになります。

しかし、GACKTをやるのは超大変ですよ。

例えばGACKTさんは、健康を維持するために、めちゃくちゃストイックな生活をしています。

ボクは死ぬほど大好きな米を我慢している。今年で20年目、一度も口にしていない。同じく大好きなラーメンも年に一度。食という快楽も日に一回。

出典:GACKTの勝ち方

あなたは、大好きな食べ物を、20年我慢できますか?

僕は無理です。

このストイックな生活が、年齢を重ねても魅力が衰えない秘訣なんだと思いましたね。

知・覚・動・考

「知・覚・動・考」というのは、GACKTさんが大事にしている考えの1つです。

例えば、普通の人間は、以下のような発想を持っています。

  1. 知る
  2. 覚える
  3. 考える
  4. 動く

しかしGACKTさんは、以下のような発想を持っています。

  1. 知る
  2. 覚える
  3. 動く
  4. 考える

要するに、「考えるより先に動け」ってことです。

さらに、「知・覚・動・考」をひらがなに直すと、「とも・かく・うご・こう」というメッセージになります。

こういうオシャレな発想を大事にするのも、GACKTさんらしくて好きですね。

美学がないと、人は感動しない

あなたには、貫き通せる美学がありますか?

この美学という考えがないと、人を感動させることは、絶対にできません。

美学が存在しないものに、人は感動しない。貫き通せる美学がそこにあれば、失うものがあっても得られるものもまた絶対にある。

出典:GACKTの勝ち方

例えば勝新太郎さんが、アレをパンツの中に隠し持っていたことで、大問題になりましたよね?

そのときに、「いや、勝手にパンツの中に入っていたんだよ。これからは、パンツ履けないなぁ」と記者会見でコメントしたんですよ。

この、どんな場面でもマジメにならず、自分の素を貫き通せる姿、めちゃくちゃカッコいいですよね。

TK
TK

当然アンチも多かったですが、それでいいんですよ。

逆に、周りの望むようなことだけをやっていると、人を感動させることはできません。

自分の中の美学を大事にして、これからも生きていこうと思えました。

GACKTの勝ち方:読んだ感想

モチベーションをぶち上げる1冊として、おすすめですした。

読んでいるだけで、気分がアガる

この記事では書きませんでしたが、GACKTさんは壮絶な少年時代を過ごしてきたんですよ。

他にも、お金を稼ぐためにめちゃくちゃな努力をしているエピーソードもあります。

そういう波乱万丈の話を見ていると、それだけで気分がアガってきました。

GACKTさんは、マネできないと思った

GACKTさんって、異常なほどストイックで執念深いんですよ。

TK
TK

少年時代のエピーソードは、マジでヤバいです。

これくらい狂ってないと、GACKTさんのレベルには追いつけないと思いましたね。

全てをマネするのは無理なんで、マネできそうなところだけ勉強させてもらって、自分の人生に活かそうと思いました。

GACKTの勝ち方:まとめ

今回は、「GACKTの勝ち方」を読んだ感想をササッとまとめました。

なお、今回ご紹介したことは、本書のごく1部分です。

より深く学びたい人は、ぜひ本書を手にとってみてください。

目次

  • 第1章 人生をマネタイズ
  • 第2章 GACKTの勝ち方
  • 第3章 メンタルリセット
  • 【特別収録】GACKT×濱田博昭社長(RYOAKI GROUP)
created by Rinker
¥1,485
(2020/11/27 07:44:18時点 Amazon調べ-詳細)

では、以上です。

良き読書ライフを!