本の要約動画はこちら

書籍レビュー

【イカれた人間を見たいならぜひ】『殺戮にいたる病』のあらすじと感想

先日、『殺戮にいたる病』を読みました。

created by Rinker
¥770
(2024/02/20 11:41:05時点 Amazon調べ-詳細)

では、著者の情報から述べていきます。

著者

著者は、我孫子 武丸。

1989年、『8の殺人』で小説家デビューした作家です。

created by Rinker
¥726
(2024/02/20 20:42:40時点 Amazon調べ-詳細)

あの『かまいたちの夜』のシナリオを担当したことでも有名な方です。

経歴や『殺戮にいたる病』の内容を踏まえると、ホラー・グロ系のミステリーが得意な方なのかなぁという印象です。

あらすじ

物語は、蒲生稔という男が逮捕されるシーンから始まります。

蒲生稔は殺人を犯したにもかかわらず、ずっと飄々としており、掴みどころがない様子です。

この蒲生稔とは何者なのか?なぜ殺人を犯すに至ったのか?

何もかもがわからない状態から物語は幕を開けます。

感想

読み終わった瞬間に「え!?」という感情が浮かびました。

多くを語るとネタバレになってしまいますので、驚きの詳細については伏せておきます。

大筋の内容としてはですね、蒲生が永遠の愛を求めて女を殺しまくる感じです。その殺す様子がなかなかにグロくてですね、感性が優れている方は気分が悪くなるかもです。

ただ、世の中にはこういうイカれた人間もいるんだよなぁと、改めて世界の広さというか、自分の無知というか、そういった普段触れらないところに触れられたような気がしたので、読んで良かったなと思います。

created by Rinker
¥770
(2024/02/20 11:41:05時点 Amazon調べ-詳細)