本の要約動画はこちら

書籍レビュー

【難しかった】「ハヤブサ消防団」を読んだ感想

先日、「ハヤブサ消防団」を読みました。

created by Rinker
¥1,925
(2024/05/24 07:59:59時点 Amazon調べ-詳細)

では、本書の感想を淡々と述べていきます。

著者の説明

著者は、池井戸潤です。

1番有名なのが、あの半沢直樹シリーズでしょうね。

ただ、あれはドラマのタイトルでして、本だと「オレたちバブル入行組」といった感じで、全く違うタイトルとなっています。

あらすじ

主人公は、ミステリー作家の三馬太郎。

元々は東京で暮らしていたのですが、故郷であるハヤブサ地区に帰ることを決意します。

東京暮らしで疲れてしまったみたいです。

で、半強制的にハヤブサ地区の消防団に入れられるところから物語は進んでいきます。

太郎が消防団に入ってすぐにですね、近所で火災が発生するんですよ。

1件ならまだ事故の可能性がありますが、まあ何件も発生するわけです。

「これ絶対放火だよね」という疑いを抱いた消防団は、真相を突き止めるために尽力します。

感想

結論から言うと、難しかったですね。

主要な登場人物が複数名出てくるので、ちょっと僕の頭では処理しきれませんでした。

ただ、話自体は面白かったです。

誰が犯人か分からないドキドキ感がありましたので、ミステリ小説が好きな方は楽しめると思います。

created by Rinker
¥1,925
(2024/05/24 07:59:59時点 Amazon調べ-詳細)