本の要約動画はこちら

書籍レビュー

【言語化力が凄い】『授乳』のあらすじと感想

先日、『授乳』を読みました。

created by Rinker
¥671
(2024/06/18 20:04:50時点 Amazon調べ-詳細)

では、著者の情報から述べていきます。

著者

著者は村田沙耶香さん

2016年に芥川賞を受賞した『コンビニ人間』が一番有名かなと思います。

僕は今回の『授乳』と『コンビニ人間』しか読んだことないのですが、おそらく村田さんは、言語化能力に非常に長けた方ですね。

普通は言葉にしようとも思えないことを言葉にするエネルギーがあるので、一度読むとその作品をなかなか忘れられません。『コンビニ人間』は6,7年前に読んだのですが、未だに印象に残っています。

あらすじ

本書は、3つの異なるストーリーが収録されています。

1つ目が「授乳」。

2つ目が「コイビト」。

3つ目が「御伽の部屋」です。

いずれもですね、かなり変わった女の子が主人公となっております。

「授乳」の主人公は女子中学生で、家庭教師として家に来た、28歳の男とのストーリーを描いた作品です。

主人公はとにかく人を異常なまでに観察していて、観察から生じた感想を唯一無二の表現を持って言語化しています。

感想

端的に言うと、グロテスクですね。

グロテスクと言っても、血がたくさん出るわけではありません。そのほとんどが、よくある日常を描写してはいるんですけど、言語化能力が高すぎて、グロテスクに映るんですよね。

これ、好きかって聞かれたら、決して好きと言える本ではないです。ただ、めちゃくちゃ印象には残りました。

いずれも深くグロテスクな話になっていますので、そういうのが好きな方はハマるかもしれません。

created by Rinker
¥671
(2024/06/18 20:04:50時点 Amazon調べ-詳細)