本の要約動画はこちら

書籍レビュー

【伏線回収系で面白い】「ラッシュライフ」を読んだ感想

先日、「ラッシュライフ」を読みました。

created by Rinker
¥693
(2024/04/19 12:13:20時点 Amazon調べ-詳細)

では、本書の感想を淡々と述べていきます。

著者の説明

著者は、伊坂幸太郎。

有名な作品は「重力ピエロ」かなと思います。

まあ読んだことありませんが。

というか、このラッシュライフが初めて読んだ伊坂幸太郎の作品です。

あらすじ

冒頭は、めちゃくちゃ傲慢な画商と、その画商に見出された画家の2人が旅をしているシーンから始まります。

画商は金や権力で、世の中の大半はなんとかなると考えている、典型的な嫌な奴です。

まあただ、この画商らはそこまで頻繁に物語には出て来ないです。

実はこの作品、明確な主人公がいません。

複数人の主要人物がいて、それぞれが突拍子もなく急に出会うといったように、入り組んでいく物語です。

感想

伏線回収系って感じで、面白かったですね。

序盤は所々に、意図がよくわからない描写が散りばめられているんですよ。

で、後半にその描写の意図が明らかになって「お!ここで繋がってくるか!」という感じに楽しめます。

あと、世界観も好きです。

陰鬱とした人物が多いんですけど、それぞれ信念はあって、なんか愛着わく人ばっかりでした。

created by Rinker
¥693
(2024/04/19 12:13:20時点 Amazon調べ-詳細)