ビジネス・お金・ブログ

【実体験】ブログで月10万円稼ぐまでの失敗談を全て晒します【良い子は真似しないで】

悩む人
悩む人

ブログで失敗したくないなぁ…。実際の失敗談を聞いて、失敗する可能性を下げたいです。

こんなご要望に応えます。

  • ブログで月10万円稼ぐまでの失敗談
  • 成功体験を聞く価値が低い理由

僕は2019年の春くらいからブログを始めて、2020年6月にやっと月10万円という収入を達成できました。

【ブログ運営報告】2020年6月のPV数と収益は?【マジで嬉しい結果に…】2020年6月のPV数と収益をまとめた記事です。...

しかし、道のりは決して楽なものではなく、月10万円稼げるようになるまで様々な失敗をしてきています。

TK
TK

世の中には「成功体験」が多く溢れていますが、それよりも「失敗体験」のほうが役に立つと考えています。なので今回は、失敗体験に焦点を当てた記事を書きました。

大体5分くらいでササッと読める量なので、気軽にお読みください。

【実体験】ブログで月10万円稼ぐまでの失敗談を全て晒します【良い子は真似しないで】

僕がブログで月10万円稼げるようになるまでにした失敗は、以下のとおりです。

  • 実績が無いジャンルの記事を書いた
  • 読み手の役に立たない記事を書いた
  • 稼ぐことを無視してジャンルを選んだ
  • 完璧を求めすぎた
  • キーワードを意識をしなかった
  • ブログの勉強をしなかった

それぞれ説明します。

実績が無いジャンルの記事を書いた

実はPVが1日あたり30前後だったときに、以下のような記事を書いていたんですよ。

  • ブログ記事の書き方
  • 読まれる記事のコツ

お前に何がわかる?って感じですよね(笑)。

当然ですが「ブログの実績が無い僕」が記事の書き方なんて書いても、誰も読んでくれませんでした。

TK
TK

ノウハウ系の記事って、何が書いてあるかよりも「誰が書いているか」がめちゃ大事なんだと、後になって学びましたね。今では、自分の実績を元に記事を書くようにしています。

読み手の役に立たない記事を書いた

これは最悪ですね。

当然ですが、記事は誰かの役に立つために書かかないと、誰も読んでくれません。

でも、初心者って役に立たない記事を量産しちゃいがちなんですよね。

  • ただの日記
  • 本を読んだときのメモ

上記2つの記事を昔はよく書いていました…。

昔はなんでこんな記事を書いていたんだろう。

謎ですね。

TK
TK

日記が許されるのは「ファンのいる有名人」だけです。あなたが一般人なら、誰かの役に立つ記事を書かなければなりません。当たり前のように聞こえますが、日記みたいな記事は結構やりがちなのでご注意を。

ちなみに、役に立つ記事とは「読み手の望みを叶える」記事のことです。

抽象的な表現なのでイメージが掴みづらいと思いますが、このイメージはブログを書いたり勉強する過程で少しずつ身についてくるものだと思ってください。

稼ぐことを無視してジャンルを選んだ

ブログを「稼ぐため」に書くつもりなら、ジャンル選びは超重要です。

なのに僕は、稼ぐことなんか無視してひたすら記事を書いていました。

そして出来上がったブログが「小論文を「独学&最短」で突破しよう!」です。

小論文を「独学&最短」で突破しよう!のPVと収益

  • PV→毎月40,000前後
  • 収益→毎月6,000円前後

もしかしたら、初心者の方から見れば毎月6,000円というのは成功に思えるかもしれません。

ですが、4万のPVに対して6,000円という収益はかなり少ないんですよ。

なぜ小論文を「独学&最短」で突破しよう!の収益率が悪いかというと、ブログ記事で紹介できる商品が本くらいしかないからなんです。

TK
TK

その後小論文を「独学&最短」で突破しよう!から、小論文の代行サービスを売る提案をコンサルタントにしてもらって、なんとか月50,000円の収益を生むサイトにまでなりました。しかし、そうなったのは偶然でしかありません。ほんと、コンサルタントのお陰で助かりました。

自分の得意分野を記事にする発想は良かったのですが、そのブログから売る商品のことまで考えていませんでした。

「売る商品はなんなのか?」

この視点を忘れないようにしてほしいです。

完璧を求めすぎた

昔のTK
昔のTK

記事の質を完璧にしてから世に出そう!

そう思っていた僕は、簿記3級を無料で教えるサイトをこそこそと作成していました。

しかし、完璧にしようと思えば思うほどやらなければいけないことが出てきて、途中で面倒くさくなったんですよね。

結局記事を公開するまでに力尽き、3ヶ月間ほどの作業が無駄になりました…。

TK
TK

今では、ある程度完成したらどんどん記事を投稿するようにしています。それくらい割り切らないと、疲れちゃいますからね。それにブログは後から修正できるので、完璧なんて求める必要はありません。

キーワードを意識しなかった

初心者のときは、思いつきで記事を書いていました。

まあ当たり前のことなんですけど、ちゃんとキーワードを意識して記事を書かないと、内容もブレるし検索にも引っかかりません。

ちなみに当記事は、以下のような意識を持って書いています。

  • キーワード→「ブログ」「失敗」
  • 読み手の望み→ブログの失敗談を知って、失敗確率を下げたい

今では必ず、記事を書く前に「キーワードと読み手の望み」は意識しています。

これが抜け落ちると、マジでゴミのような記事が出来上がります(笑)。

消した記事の数は、100から先は数えていません…。

ブログの勉強をしなかった

良くも悪くもせっかちな僕は、ブログの勉強をせずにブログを書き始めてしまいました。

ろくに勉強をしなかった結果として、上で説明したような失敗を重ねてきたんだと深く反省しています。

ブログを始める前に読んでおけば良かったな、と思う本は「ブログの書き方講座: 個人ブログ月間100万PVの手法」ですね。

created by Rinker
¥500
(2020/08/04 21:52:44時点 Amazon調べ-詳細)

本書は「初歩的だけど超大事なブログノウハウ」が詰め込まれている良書です。

この本の教えさえ守っておけば、僕が経験した失敗の大部分は回避できますよ。

 

普段参考にしているブログも載せておきますね。

  • manablog→ブログ界の頂点、この人の教えを守れば間違いない
  • Tsuzuki Blog→たった1年強でブログ収益月100万を達成したツワモノ、わかりやすブログ講義が魅力
  • ルーム30→商品レビューの書き方ならこの人、自然な紹介に好感が持てる
TK
TK

とにかく手を動かすことが重要と言われるブログですが、それと同じくらい勉強も大事です。理由は、勉強すればするほど「失敗確率を下げる」ことができるからです。ただし、失敗確率はゼロにはならないので、誤解のないように。

成功体験を聞く価値が低い理由とは?→再現性が低いから

今回、僕があえて失敗体験をメインに記事を書いたのには理由があります。

理由は、成功体験は再現性が低いからです。

悩む人
悩む人

再現性が低いってどういうこと?

たしかに、ちょっとイメージしにくいですよね。

でも、以下の例を見てもらえれば、僕の言っていることが理解できると思います。

  • ウサイン・ボルトが9秒台で走れるようになった秘訣→知っても9秒台では走れない
  • 孫正義がソフトバンクを創るまでのストーリー→知ってもソフトバンクは創れない

ちょっと極端な例を上げましたが、要するに成功体験ってその人独自のものである可能性が高いので、再現性が低いと僕は考えています。

ちなみに「成功体験は再現性が低い」という考えは、大きな嘘の木の下での受け売りです(笑)。

もちろん成功体験から学べることもありますので、成功体験を聞くことが全て無駄とは言いません。

ですが、成功体験よりも失敗体験のほうが、自分の人生に活かしやすいのは事実です。

理由は、失敗に至るまでの過程は誰しもが同じように再現できるからです。

TK
TK

例えば日記みたいな記事を書けば、ほぼ間違いなく失敗することができます。これからブログを始めたいあなたは、多くの失敗を知って、ぜひ反面教師にしてください。

ブログで月10万円稼ぐまでの失敗談まとめ

僕がブログでしてきた失敗は以下のとおりです。

  • 実績が無いジャンルの記事を書いた
  • 読み手の役に立たない記事を書いた
  • 稼ぐことを無視してジャンルを選んだ
  • 完璧を求めすぎた
  • キーワードを意識をしなかった
  • ブログの勉強をしなかった

反面教師にしてもらえたら嬉しいです。

 

では、以上になります。

ありがとうございました!

【実体験から語る】ブログ記事が読まれないたった1つの理由とは?→検索上位を取れていないからブログを書いても書いても、読まれる気がしない…。なんで自分の記事が読まれないのか知りたいなぁ。 こんな悩みを解決します。...