電子書籍サービス

【2020年版】オススメの電子書籍サービス10種を「ジャンル別・タイプ別」にまとめた【マンガ・雑誌・ビジネス書・小説】

悩む人
悩む人
  • オススメの電子書籍サービスをジャンル別に知りたい
  • サービスがたくさんありすぎてわからないから、比較してほしい
  • 電子書籍サービス選びで失敗したくない

こんな悩みを解決します。

  • 電子書籍サービスを選ぶポイント
  • それぞれの電子書籍サービスの特徴
  • 電子書籍サービスのランキングを「ジャンル別・タイプ別」に紹介

電子書籍サービスが普及してきた昨今、スマホやタブレットで本を読むのが当たり前になってきました。

HON.jpの調査によると、電子書籍市場は右肩上がりで成長しており、今後もこの伸びは続いていくと予想されています。

出典:HON.jp

僕も昔は紙の本で読書をしていたのですが、最近は電子書籍で読むことが多くなってきました。

しかし電子書籍サービスが数が多くて、どれを選べばベストなのかよくわからないんですよね…

そこで今回は、オススメの電子書籍サービスを「ジャンル別・タイプ別」にご紹介します。

本と言っても「マンガ・雑誌・ビジネス書・小説」とジャンルが複数にわかれていますし、読み放題がいいのか定額購入がいいのかタイプも別れますからね。ひと括りにしてオススメのサービスを紹介するよりも、タイプによって分けたほうが、より適したサービスにたどり着けるはずです。

では、電子書籍サービスを選ぶポイントから見ていきましょう。

電子書籍サービスを選ぶポイント

電子書籍サービスを選ぶポイントは、以下のとおりです。

  • 月額料金
  • 注力ジャンル
  • +αのサービス
  • お得システム

月額料金

やはり1番気になるのが料金です。

実は料金にはかなり幅があって、ざっくり「0円~2,000円」くらいの料金体系になっています。

悩む人
悩む人

え?0円ってどういうこと?

電子書籍サービスと一言にいっても、毎月料金をとるものもあれば、買ったときだけ料金をとるサービスもあります。

月額料金が安いから良いというわけではありません。高い月額料金をとるものは、それだけの価値をちゃんと提供しています。

なので料金だけ見るのではなく、サービス内容と照らし合わせながら考える必要があります。

注力ジャンル

個人的に一番大事なポイントが、注力ジャンルです。

例えば「ビジネス書」を読みたいと思って電子書籍サービスに登録したのに、その電子書籍サービスが「雑誌」に注力していたら、全く目的を果たせていないことになってしまいますからね。

どの電子書籍サービスにも、必ず得意なジャンルがありますので、それを見極めて利用することが重要です。

+αのサービス

世の中本当に便利になったもので、電子書籍に加えて動画配信まで行っているサービスがあります。

例えば「U-NEXT

U-NEXTは「ないエンタメがない」と豪語するほど、様々なサービスがまとめられています。

「どうせなら動画も一緒に楽しみたい!」という方は、+αのサービスに注目して選ぶのがいいでしょう。

お得システム

電子書籍サービスにはいろいろなお得システムがあります。

例えば「ebookjapan

ebookjapanはセール企画が豊富に行われており、マンガを無料で読めたり、50%OFFで買うことができたりします。

出典:ebookjapan

このようなお得システムも含めて考えると、より自分に適したサービスを選ぶことができますよ。

電子書籍サービス10種類を比較

今回比較する電子書籍サービスは以下のとおりです。

月額料金 注力ジャンル +αのサービス お得システム
Kindle unlimited 980円 オールジャンル なし なし
FOD 880円 オールジャンル 動画配信 20%ポイント還元、毎月1,300ポイント
U-NEXT 1,990円 オールジャンル 動画配信 40%ポイント還元、毎月800ポイント
ebookjapan 0年 オールジャンル なし 最大40%ポイント還元、セールが豊富
ブック放題 500円 マンガ+雑誌 なし なし
BookLive! 0円 オールジャンル なし 割引クーポンガチャ、Tポイント還元
楽天マガジン 380円 雑誌 なし なし
dマガジン 400円 雑誌 なし なし
まんが王国 0~10,000円 マンガ なし 来店ポイント、最大45%ポイント還元
コミックシーモア 780or1,480円 オールジャンル なし 割引クーポン

横スクロールできます

悩む人
悩む人

正直違いがよくわからない…。結局どれを選べばいいの?

この比較表だけだと、ちょっとわかりにくいですよね。

TK
TK

では、ここから「ジャンル別・タイプ別」に電子書籍サービスをまとめていきます。自分のタイプにあった箇所だけ見てもらえればOKです。

コスパ重視でマンガをたくさん読みたい人

コスパ重視でマンガをたくさん読みたいなら、この5つですね。

特に「BookLive!」は最強ですね。会員登録しなくても約17,000冊のマンガが読めちゃいますから(笑)。お金を全く払いたくなければ、ぜひチェックしてみて下さい。

TK
TK

注意点を言っておくと、読み放題の対象になっているマンガのほとんどが、マイナーな作品or古い作品です。つまり、「トレンドのマンガじゃなくても、楽しめればそれでいい!」という人にオススメのサービスだと言えますね。また、無料で読めるものは数巻あるうちの途中までしか読めないことが多いです。

基本的に全巻が読み放題になっているのは「ブック放題」と「コミックシーモア」です。

新刊マンガをお得に買いたい人

  • まんが王国新刊マンガをめっちゃ買う人なら、実質30~40%オフでマンガを買える。さらに来店ポイントが毎日貰える。
  • FOD月額880円で1,300円分のポイントが貰える。さらに、全作品の購入に対して20%のポイント還元。

「新しく出たマンガを毎週めっちゃ買ってます!」という人は「まんが王国」1択です。

理由はポイント還元率が高いし、毎日来店ポイントを貰えるからです。新刊マンガを販売している電子書籍サービスはたくさんありますが、まんが王国のポイント還元率はトップクラスです。

ただし、3~4日に最低5,000円は使うヘビーユーザーでないとポイント還元の恩恵は受けられないと思って下さい。

ポイントの付与は「購入・使用」の2段構えになっています。

出典:まんが王国

 

出典:まんが王国

要するに月曜日~木曜日の間に5,000ポイント買って、さらにその5,000ポイントを使い切れば、合計30%のポイントが還元されるということです。ちょっと無理があると思いませんか?

TK
TK

サイトを見ると最大45%ポイント還元率!とか言っていますが、それは3~4日の間に30,000円分のマンガを買った場合の話です。正直そんなに買うわけないので、このやり口は嫌いですね。

結論を言うと、本当にオススメできるのは「FOD」になります。

FOD月額880円に対してなんと1,300円分のポイントが貰えますし、さらに全作品の購入に対して20%のポイント還元がある超優良サービスです。

出典:FOD

「月に数千円程度のマンガを電子書籍で買いたい!」という人はFODに登録すれば間違いありません。断言します。

TK
TK

一つ欠点を上げるとすれば、8のつく日にわざわざポイントゲットボタンを押さなきゃいけないところですね。でも忘れる人もいるから、この優良サービスを維持できていると推測できます。

出典:FOD

毎回8がつく日にポイントを貰い忘れない人であれば、FODがマンガ購入先としてはダントツでオススメできる電子書籍サービスです。

  • まんが王国新刊マンガをめっちゃ買う人なら、実質30~40%オフでマンガを買える。さらに来店ポイントが毎日貰える。
  • FOD月額880円で1,300円分のポイントが貰える。さらに、全作品の購入に対して20%のポイント還元。

雑誌をたくさん読みたい人

雑誌の電子書籍サービスと言えば、ほぼこの2サービスのどちらかに絞られます。

悩む人
悩む人

いや待って。ほとんど差がないじゃん。結局どっちがいいの?

たしかに上記の説明だけ見ると、ほとんど差がないように見えますよね。

ですが楽天マガジンは年間プランがありますので、料金面では楽天マガジンに軍配があがります。

月額プラン 年間プラン
楽天マガジン 380円 3,600円
dマガジン 400円 4,800円

ただし本当に重要なのは金額じゃなくて、ラインナップです。

しかし共通して読める雑誌が多く、お互いの強みがほとんどわからない状態です。

TK
TK

細かいこと言えばダウンロード機能に多少違いがあったりするのですが、正直どうでもいいですよね?はっきり言っちゃうと、本質的なサービス機能はほとんど一緒なんですよ。

悩む人
悩む人

いやだから、結局どっちにすればいいのよ?

結論を言うと、最新のラインナップにご自身で目を通してもらって、自分が読みたいと思う雑誌が多い方を選ぶのがベストです。

「どっちもあんまり変わらないなぁ…」と思ったら、料金面から楽天マガジンを選べばOKです。

コスパ重視でビジネス書・小説を読みたい人

  • Kindle unlimited→ベストセラーレベルの質の高い本も読み放題の対象になっている。月額980円。

ビジネス書・小説をたくさん読みたい人は「Kindle unlimited」しかあり得ないって感じです。

TK
TK

とにかくラインナップの豪華さが神レベルです。これで月額980円とかお得すぎですね。

【2020年版】kindle unlimited・感想を徹底的にレビューします【結論:ビジネス書をお得に読みたい人におすすめ】kindle unlimitedの使い心地ってどんな感じなんだろう?色んな人の意見を聞きたいなぁ こんな悩みにお答えします。...

なお、Kindle本を読むための専用デバイス「Kindle Paperwhite」もオススメです。まるで紙の本を読んでいるかのようなインクを使用していますので、目が疲れにくいというメリットがあります。

深夜帯に、ゆっくり小説を読みたい人なんかに最適なデバイスですね。

【2020年最新】Kindle Paperwhite・感想を徹底的にレビューします【結論:寝る前の使用が最高】・Kindle Paperwhiteのレビューを知りたい・Kindle Paperwhiteって自分にあっているかな? こんな疑問に答えます。 ...
  • Kindle unlimited→ベストセラーレベルの質の高い本も読み放題の対象になっている。月額980円。

電子書籍を毎月数千円購入して、かつ動画も一緒に楽しみたい人

  • U-NEXT→月額1,990円だが、毎月1,200円分のポイントも貰えるので実質790円。購入額の40%がポイント還元。
  • FOD月額880円で1,300円分のポイントが貰える。さらに、全作品の購入に対して20%のポイント還元。

「そこそこ電子書籍を買おうと思っていて、さらに動画も楽しみたい!」という人にはU-NEXTがオススメです。

U-NEXT最大の魅力は、購入額の40%がポイント還元されるところです。

出典:U-NEXT

しかも「最大40%」とかセコいやり方じゃなくて、全ての購入に対して40%のポイント還元ですからね。

TK
TK

正直なことを言っちゃうと、僕は電子書籍のほぼ全てをU-NEXTで購入しています。だってポイント還元率がずば抜けて優秀ですからね。しかも約70の雑誌が読み放題だし、動画も楽しめちゃう。素晴らしすぎです。

悩む人
悩む人

でも、月額1,990円って高くない?

月額1,990円と高いのが難点のように見えますが、毎月1,200円分のポイントをくれるので、実質790円という感じです。

もし月に5,000円の電子書籍を購入すれば、2,000円分のポイントが還ってくるので、簡単に元をとることができますよ。

【40%ポイント還元】漫画を買うならU-NEXTが最適な理由とは?【月2,500円以上買う人なら損しない】漫画をできるだけおトクに買いたいなぁ…。U-NEXTならおトク買えるらしいけど、その理由を知りたい! こんな悩みにお答えします。...

 

もう一つオススメできるのは「FOD」になります。

FOD月額880円に対してなんと1,300円分のポイントが貰えますし、さらに全作品の購入に対して20%のポイント還元がある超優良サービスです。

さらに約100誌の雑誌が読み放題ですし、動画も見放題です。

悩む人
悩む人

結局U-NEXTとFODどっちがいいの?

比較表を作成したので、自分のタイプに合わせて選んで下さい。

U-NEXT FOD
月額料金 1,990円 880円
毎月もらえるポイント 1,200ポイント 1,300ポイント
読み放題雑誌数 約70 約120
見放題動画数 約180,000 約40,000
動画の特徴 洋画、邦画、アニメと幅広い フジ系列のドラマや、オリジナル作品が中心
買える電子書籍 マンガ、小説、ビジネス書 マンガ、小説

比較するべきポイントは「動画の特徴」「買える電子書籍」です。

TK
TK

「動画の特徴」「買える電子書籍」を軸にサービスを選んでもらえれば、間違いありません。ちなみに僕は幅広く動画を楽しみたいし、ビジネス書も購入することが多いので、U-NEXTに登録しました。

  • U-NEXT→月額1,990円だが、毎月1,200円分のポイントも貰えるので実質790円。購入額の40%がポイント還元。
  • FOD月額880円で1,300円分のポイントが貰える。さらに、全作品の購入に対して20%のポイント還元。

自分のタイプにあわせた電子書籍サービスを選ぼう

今回ご紹介した電子書籍サービスは以下のとおりです。

月額料金 注力ジャンル +αのサービス お得システム
Kindle unlimited 980円 オールジャンル なし なし
FOD 880円 オールジャンル 動画配信 20%ポイント還元、毎月1,300ポイント
U-NEXT 1,990円 オールジャンル 動画配信 40%ポイント還元、毎月800ポイント
ebookjapan 0年 オールジャンル なし 最大40%ポイント還元、セールが豊富
ブック放題 500円 マンガ+雑誌 なし なし
BookLive! 0円 オールジャンル なし 割引クーポンガチャ、Tポイント還元
楽天マガジン 380円 雑誌 なし なし
dマガジン 400円 雑誌 なし なし
まんが王国 0~10,000円 マンガ なし 来店ポイント、最大45%ポイント還元
コミックシーモア 780or1,480円 オールジャンル なし 割引クーポン

横スクロールできます

10サービスも紹介しましたが、本当にあなたが登録すべきは1~3サービス程度になると思います。

ちなみに僕が登録している電子書籍サービスは以下の2点です。

TK
TK

僕はビジネス書とマンガを読むことが多く、かつ幅広い動画も楽しみたいという人間です。ただしマンガは最新作を買うことが多いんですよ。なのでマンガ読み放題のサービスには登録せず、U-NEXTのポイント還元を利用してお得に最新作を買うって感じですね。

今回ご紹介したサービス意外にも電子書籍サービスはありますが、ほぼ全てのニーズは上記の10サービスで満たせるはずです。

ぜひ、自分にあった電子書籍サービスで読書を楽しんで下さい。

以上です、ありがとうございました。