勉強、スキルアップ

【本音書評】時間を効率的に使う方法は?→脳のパニックを防げばOK【週40時間の自由をつくる 超時間術】

こんにちはTKです。(@lasdream03

本は最高の自己投資と信じ、年間100冊以上の本を読んでいます。

ユキちゃん
ユキちゃん
毎日忙しくて、やることが終わらない!どうしたら時間を効率よく使えるようになるだろう?

ユキちゃんのような疑問を持っている人に向けて、この記事は書かれています。

 

先日、「週40時間の自由をつくる 超時間術」を読みました。

created by Rinker
実務教育出版
¥1,540
(2020/02/26 11:02:19時点 Amazon調べ-詳細)

本書は、使える時間そのものを増やすのではなく、「生産性」を高めて時間を効率よく使う術を教えてくれます。

 

さて、この記事の内容は以下のとおり。

  • 今後自分の生活に活かそうと思ったノウハウ
  • 本音の書評

思ったことを素直に書いていきますね。

時間を効率的に使う方法は?→脳のパニックを防げばOK

時間を効率よく使うために、「脳のパニック」を排除しましょう。

マルチタスクは今すぐやめるべき

マルチタスクをするってなんかカッコイイ感じがしますが、実は「ミスを誘発する原因になる」ことが明らかになりました。

他のことをしながら作業をした場合、脳の回転や集中力など、すべての面で生産性は40%下がり、ひとつの作業を終えるのにかかる時間と作業ミスが起きる確率が50%増えてしまいます。

引用:週40時間の自由をつくる 超時間術

複数の仕事や作業を同時にこなすのを、これを見てやめました。

 

メンタルにも悪影響

マルチタスクをすると、メンタルにも悪影響を及ぼします。

マルチタスクをすると、あなたの脳にストレスがかかり、扁桃体という感情をコントロールするエリアが活性化。その結果、あなたの脳はまるで時間が細切れになったかのように思い込み、つねに時間に追われているかのように感じてしまうわけです。

引用:週40時間の自由をつくる 超時間術

 

「Aという作業+Aの邪魔にならない他の作業」ならOK

と言っても、すべてのマルチタスクがだめなわけではありません。

例えば歩きながら「audible」を聴くのはOKです。本を聴くことは、歩くことになんの支障もありませんから。

Audibleの評判を「100件」まとめてみた!【リアルな意見が盛りだくさん】「Audibleの使い心地ってどんな感じなんだろう?色んな人の意見を聞きたいなぁ」こんな悩みにお答えします。...

ただし、「歩きスマホ」はダメですよ。目が下に向いていて、明らかに歩く行為に支障が出ていますからね。

自然を見る【時間が長く感じる?】

自然を見ると、時間に追われる感覚から抜け出せるそうです。ちょっと胡散臭い感じがしますが、ちゃんとした研究結果に基づいた話ですよ。

壮大な自然の動画を見たグループは、幸福な気分になる動画をみたグループより、66%も時間が長くなったような感覚に変わったのです。たった60秒で、ここまで時間の感覚に余裕を持てるツールはほかにありません。

引用:週40時間の自由をつくる 超時間術

どうですか?少しは時間の感覚が伸びたと思います。

なかなかおもしろい研究ですよね。時間が足りないと感じたら、自然の画像や動画を見てみましょう。気持ちが楽になりますよ。

親切心が時間を伸ばす?

また胡散臭い話ですが、親切をはたらくと時間の感覚が伸び、生産性がUPするみたいです。

他人のために時間を使った人は「この先やりたいことがなんでもできそう」や「残された時間がたくさんある」と答える確率が激増。最大で2倍も時間の感覚が伸びたのです。

さらに、その後で被験者の仕事ぶりを確かめてみると、他人に親切にした人ほど生産性もアップしていました。

引用:週40時間の自由をつくる 超時間術

他人を助けることで、前向きな気持ちになるようですね。

本音書評・週40時間の自由をつくる 超時間術

では、本音書評を書いていきます。

科学的なエビデンスがあるのがデカイ

DaiGoさんの本の特徴は、豊富なエビデンスが示されていることですよね。なので、やや胡散臭い話があっても、信憑性が高いので、「実践してみよう」という気持ちになります。

出典元も権威のある大学ばかりなので、より信用できます。

時間術というよりメンタル術?

時間を効率的に利用するためには、脳のパニックを取り除くことが重要です。

しかし、あまりにも「感覚」に関する話が多いので、「時間術」を学んでいるという感じではありませんでした。

 

しかし、それが本質なんですかね

本書には、小手先のテクニックみたいなものは一切ありません。「生産性や感覚」の話がほとんどです。

ですが、そういったことを学び実践することによって、本当に使える時間が増えるのかもしれませんね。

たかが「感覚」とバカにせずに、素直に受けとるべきかなと思いました。

 

呼吸法が難しすぎる!

「これ実践している人いるのかな?」と思うような呼吸法が書かれていたので、ご紹介します。

スダルシャンクリヤ

  1. 勝利の呼吸:1分間に3~4回のペースでゆっくりと呼吸を続ける。その際の意識は、呼吸が鼻やノドを通り抜ける感覚に集中する。
  2. 肺呼吸:3~5分くらい「勝利の呼吸」を続けたら、今度は1分に30回の短いペースですばやく呼吸を行う。
  3. チャンティング:肺呼吸を1~2分続けた後、腹の底から「アー」といいながら、できるだけ息を吐ききる。これを3回繰り返す。

引用:週40時間の自由をつくる 超時間術

どうです?なかなか実践するのはめんどくさそうですよね。(笑)

でも、他に簡単な呼吸法が紹介されていますのでご安心を。

まとめ 「それなりに」おすすめです

本書に書いてあるノウハウはかなり役に立ちました。読んでよかったというのが素直な感想です。

人生が変わったほどの衝撃はなかったので、「それなり」という評価に落ち着きました。

時間に追われる感覚から抜け出したい人は、読んで損はないと思います。

 

では、良き読書ライフを。

ディープくん
ディープくん
この記事は以上になります。最後まで読んでくれてありがとうございました!
★人気記事★