新馬戦予想

2019年11月16日・競馬予想【ガチガチの2歳重賞】

こんにちはTKです。(@lasdream03

未勝利戦と新馬戦を中心に、年間回収率100%を目指して研究中です。

毎週のように新馬戦のパドックを見て、相馬眼を養っています。

この記事の内容

  • 2019年11月16日の勝負レースの予想を解説すること

今回の記事では、2つの新馬戦と1つの重賞の予想を展開していきますね。

ディープくん
ディープくん
今回予想するのは以下の3レースだ!
予想レース
  • 東京4R
  • 東京5R
  • 東京11R

要点と買い目をサラッと書いていきます。

新馬戦予想

厩舎のクセを考えつつ、仕上がっている馬を狙っていきましょう。

東京4R

  • ◎ ⑨ココリミッション
  • ○ ⑩ピクチャーボーズ
  • ▲ ③イエローポピー

本命は⑨ココリミッションです。

⑨ココリミッションは、調教の本数が少なく、仕上がりが見えにくい。だが、11/10に南W馬なりで、4ハロンを52.4と水準級の時計。調教で時計を出さない古賀厩舎なので、これくらいの時計を確認できればOK。仕上がっていると見る。

⑩ピクチャーボーズは、ほぼ馬なりの調教なので時計は平凡。しかし、11/13に南W仕掛けで、4ハロン50.8の好時計。ジョッキーが乗っていたとはいえ、能力上位は間違いないかと。

③イエローポピーは、調教の本数が少なく、仕上がりが見えにくい。だが、11/13に南W馬なりで、4ハロンを52.4と水準級の時計。やや弱気なコメントを出しているが、この中では仕上がり上位と判断。

馬券の買い目
  • 馬連⑨ー③、④、⑧、⑩、⑪
  • 3連複⑨ー③、⑩ー③、④、⑧、⑩、⑪

の合計12点

東京5R

  • ⑧カワイダンス
  • ③ゴルトベルク
  • ⑩ウインキートス

本命は⑧カワイダンスです。

⑧カワイダンスは、全体を通して悪い時計が1本もないのが素晴らしいですね。飛び抜けた時計は出ていませんが、相沢厩舎はゴリゴリの調教をやらないイメージ。水準級の時計が出ていれば積極的に買いたいです。

③ゴルトベルクは、ジョッキーが乗っていたとはいえ、11/13に南W馬なりで、4ハロン50.6の時計は優秀。馬なりの調教ばかりだが、悪い時計は無いです。間違いなく仕上がっている。ジョッキーもマーフィーで万全の体制。

⑩ウインキートスは、調教の時計は正直良くない。だが、そこは時計を出さない宗像厩舎なので、馬が弱いとは決めつけられないですね。なぜかコメントは強気なので、仕上がっている可能性あり。穴として狙いたい。

馬券の買い目
  • 馬連⑧ー③、④、⑤、⑦、⑩
  • 3連複⑧ー③、⑩ー③、④、⑤、⑦、⑩

の合計12点

東京11R 東スポ杯2歳S【ガチガチ濃厚か?】

  • ◎ ⑤アルジャンナ
  • ○ ①ラインベック
  • ▲ ⑥コントレイル

本命は⑤アルジャンナです。

⑤アルジャンナの新馬戦は圧巻でした。「出遅れからの大外まくりで快勝」とポテンシャルを感じさせる走りでしたよね。調教でも、1600万クラスのサトノケンシロウに先着しています。間違いなく重賞級の馬です。

①ラインベックは、先行して上がり最速で2戦2勝と、正攻法の勝ち方。調教の動きも抜群で、重賞級の器なのは間違いなしです。

⑥コントレイルは、先行して抜け出してからは、後ろをグングン突き放す強い勝ち方。調教は前走より良化しており、ジョッキーもムーアと万全の体制だ。

馬券の買い目
  • 馬単⑤ー①、⑥
  • 3連単⑤ー①、⑥ー①、⑥

の合計4点

穴馬が見つからないので、積極的に買いたいレースではないですね。買うとすれば、上記のような固い買い方しかないですかね。

ユキちゃん
ユキちゃん
予想は以上です。今日も競馬を楽しみましょう!