投資信託

【投資信託】リバランスとは?【メリットを簡単に解説します】

この記事の狙い

  • リバランスの意味を理解すること
  • リバランスのメリットを理解すること

こんにちはTKです。

私は大学生の頃から投資に興味を持ち、株や投資信託を購入してきました。

現在は毎月5万円の投資信託を購入しています。

ディープくん
ディープくん
「リバランスってどういう意味だろう?」この疑問に答えるよ!
ユキちゃん
ユキちゃん
よろしくおねがいします!

【投資信託】リバランスとは?

ユキちゃん
ユキちゃん
リバランスって何ですか?普段使わない言葉なので、イメージしにくいです…。
ディープくん
ディープくん
そうだよね。でも意味は簡単だよ。リバランスっていうのは、最初に決めた資産のバランスをもとに戻すことだよ。
ユキちゃん
ユキちゃん
(よくわからんな…。)「最初に決めた資産のバランス」「バランスをもとに戻す」って言葉の意味がわかりません!
ディープくん
ディープくん
ちょっとわかりにくい表現だったかな。図や具体例を使って、それぞれ解説するね。

「最初に決める資産のバランス」の意味

ユキちゃん
ユキちゃん
「資産のバランス」ってのがよくわからないんですよね。もう少し詳しく解説してください。
ディープくん
ディープくん
OK。ここでは話しを簡単にするため、株式をハイリスクハイリターンの金融商品。そして債券をローリスクローリターンの金融商品とする。
ユキちゃん
ユキちゃん
わかりました。で、バランスってのは一体何ですか?
ディープくん
ディープくん
ここで言うバランスって言うのは、株式と債券に投資する比率のことだね。
ユキちゃん
ユキちゃん
ん?なんで株式と債券に投資する比率を考える必要があるんですか?リターンが欲しければ株で、安全に投資したければ債券に投資すればいいじゃないですか!
ディープくん
ディープくん
言っていることはわかるけど、世の投資家はそんな極端な人ばかりではない。中にはハイリスクハイリターンでもローリスクローリターンでもなく、ミドルリスクミドルリターンを望んでいる人もいるんだ。
ユキちゃん
ユキちゃん
あー、なるほど。自分が望むリスクとリターンに合わせて、調整された金融商品の比率を、「最初に決める資産のバランス」と言っていたんですね!
ディープくん
ディープくん
そういうこと!それなりにリスクをとりたい人は、予算の半分ずつ株と債券を買えばいい。ちょっとだけリスクをとりたい人は、株の比率を少なくすればいいだろう。

「バランスをもとに戻す」の意味

ユキちゃん
ユキちゃん
バランスの意味はわかりました。でも、そのバランスを戻すっていうのがわからないんですよね…。まるで最初に決めたバランスが崩れちゃうみたいな言い方ですよね。
ディープくん
ディープくん
そうだよ。最初に決めたバランスは、放っておけば崩れるんだ。
ユキちゃん
ユキちゃん
え?なぜですか?
ディープくん
ディープくん
それは株や債券の価格が、それぞれ異なるスピードで上下するからだね。

バランスが崩れる例

●当初のバランス

  • 債券:50万円
  • 株:50万円

 

●時がたって株価が急上昇し、債券価格が下落した場合のバランス

  • 債券:40万円
  • 株:70万円

株価の上昇と債券価格の下落により、半分ずつのバランスが崩れてしまった。

ユキちゃん
ユキちゃん
なるほど、価格の変動でバランスが崩れるんですね。
ディープくん
ディープくん
そうだね。その崩れたバランスをもとに戻すことを、リバランスと言うんだ。
ユキちゃん
ユキちゃん
やっと意味がわかりました。で、もとに戻すにはどうするんですか?
ディープくん
ディープくん
簡単だよ。比率が高くなった金融商品を売って、比率が低くなった金融商品を購入してバランスを戻すんだよ。例の数字でいけば、株を15万円売って、債券を15万円買えば当初のバランスに戻るよね。

バランスが崩れた例の続き

●時がたって株価が急上昇し、債券価格が下落した場合のバランス

  • 債券:40万円
  • 株:70万円

価格の変動により、半分ずつのバランスが崩れてしまった。

この場合、株を15万円売って、債券を15万円買うと…。

  • 債券:40万円+15万円=55万円
  • 株:70万円-15万円=55万円

当初の半分ずつのバランスに戻る。

ユキちゃん
ユキちゃん
おお!バランスがもとに戻りましたね!
ディープくん
ディープくん
そうだね。これがリバランスの一連の流れになるから覚えておいてね。

【投資信託】リバランスのメリットとは?【高く売って安く買える】

ユキちゃん
ユキちゃん
リバランスの流れはわかりました。ではこのリバランスにどのようなメリットがあるんですか?
ディープくん
ディープくん
1つは自分が理想とするバランスを維持できることだ。あまりリスクをとりたくないのに、株価が上昇して株の比率が高くなったら嫌だよね。
ユキちゃん
ユキちゃん
たしかに、常にバランスを維持するのは大事なことです。
ディープくん
ディープくん
そうだよね。あと、もう一つメリットがある。それは割高の商品を売って、割安な商品を買えるということだ。
ユキちゃん
ユキちゃん
ん?どういうことですか?
ディープくん
ディープくん
さっきのリバランスの具体的な手順を思い出してほしい。価格が上がった株を売って、価格が下がった債券を買ったよね。この行為は、割高になった商品から利益を得て、割安になった商品の購入に当てていると考えることができるん
ユキちゃん
ユキちゃん
なるほど。「高く売って安く買う(安く買って高く売る)」は儲けを出す基本ですもんね!それをリバランスによって、実現できるってことなんですね。
ディープくん
ディープくん
そういうこと!だから値動きが異なる商品で金融資産を構成することが、望ましいとされているんだね。

自動でリバランスしてくれる投資信託もある

ユキちゃん
ユキちゃん
でも、わざわざ自分でリバランスするのって面倒くさいですね。
ディープくん
ディープくん
大丈夫!そんな人のために、自動でリバランスしてくれる投資信託があるから安心して。
ユキちゃん
ユキちゃん
え!?そんな便利な投資信託があるんですか?
ディープくん
ディープくん
あるよ。例えば三井住友TAM-世界経済インデックスファンドという投資信託があるんだけど、この商品は株と債券が50%ずつで構成されている。
引用:三井住友TAM-世界経済インデックスファンドの目論見書
ユキちゃん
ユキちゃん
へー。こんな投資信託もあるんですね。
ディープくん
ディープくん
投資信託は様々な構成のものがあるからね。そして、注目すべきはここだ!
引用:三井住友TAM-世界経済インデックスファンドの目論見書
ユキちゃん
ユキちゃん
おお!リバランスを行ってくれると書いてありますね!
ディープくん
ディープくん
でしょ!もしリバランスが面倒だと感じたら、リバランスを自動でやってくれる投資信託を探すのもありだろう。
ユキちゃん
ユキちゃん
はい、ありがとうございました!

まとめ

  • リバランスとは、最初に決めた資産のバランスを戻すこと
  • リバランスを行うことで、商品を高く売って安く買うことができる
  • いちいち自分でリバランスしなくても、自動でやってくれる投資信託がある